自律訓練法の効果、方法を紹介します!



瞑想 > 瞑想+αテクニック集 > 自律訓練法で心身のバランスを整える

自律訓練法とは?

自律訓練法とは、心身のバランスを整える自己催眠療法です。
1932年、ドイツの精神科医シュルツさんが考案しました。

自律訓練法の効果

自律訓練法は心身症、神経症など心の病気に効果があります。
また、自律神経の働きを調整することもできます。

※現在通院中の方、何か持病のある方はお医者さんに相談してから自律訓練法を試してください。
※特に心臓、呼吸器、消化器、脳に疾患のある場合、自律訓練法は行わない方がいいようです。

自律訓練法の方法

自律訓練法は7つの公式(文章)を心の中で唱えます。
1回やれば、すぐに覚えられると思うので気楽に取り組んでみましょう!

1、それでは自律訓練法をはじめます。
まずリラックスするために、ベッドに横になるか、楽な姿勢で椅子に座ります。
服装は体を締め付けない部屋着がいいですね。
時計やアクセサリーは外しておきましょう。
そして目を閉じます。

2、以下の『かっこ』内の文章を順番に唱えてみましょう。
基本公式『気持ちがとても落ち着いている
第1公式『手足が重い』(脱力します)
第2公式『手足が温かい』(温かさを感じます)
第3公式『心臓が静かに打っている
第4公式『呼吸が楽にできる
第5公式『お腹が温かい
第6公式『額が涼しい

※口に出しても、心の中で唱えてもOKです。

3、自律訓練法は催眠療法なので、催眠状態から抜け出るために消去動作を行います。
自律訓練法の消去動作は、手足のグーパー運動、
伸び、屈伸、肩や首を回すなど簡単な体操をしましょう。
もし、そのまま就寝する場合は、この消去動作を省いても大丈夫です。

自律訓練法のコツ

自律訓練法のコツは、公式の内容を実感しながら行うことです。
基本公式「気持ちが落ち着いている」を唱えているとき、
心の状態を観察してみてください。
1回唱えても実感がわかないとき、何度も繰り返し唱えましょう。

「気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…気持ちが落ち着いている…」

気持ちの落ち着きを実感できたら、次の公式に進みます。
次の公式は、第1公式「手足が重い」ですね。
手足の力を抜き、重量を感じましょう。

「手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…手足が重い…」

この要領で第6公式まで進んでください。

すぐ効果を実感できる?

1日1〜3回、1週間以上、継続すれば、おそらく効果がわかると思います。
気長に…気長に…。