メンタルトレーニングで心を強くする方法



瞑想 > 瞑想+αテクニック集 > メンタルトレーニングで心を強くする方法

メンタルトレーニングとは?

メンタルトレーニングとは、意志・意欲・決断力などの
精神力を強化するトレーニングをいいます(by辞書)

それでは、どうすれば心を鍛えることができるでしょう?
答えは、自分の視点を大切にするよう、思考を変えれば良いのです。

自分視点

強い心とは、他人視点よりも、自分視点が優勢であることをいいます。
対して、弱い心とは、自分視点よりも、他人視点が優勢であることとなります。

なぜ他人視点が優勢だと、心が弱くなるのでしょう?
それは他人視点で考えると、私たちの行動を主体的に判断できないからです。

「笑われるかもしれない」
「怒られるかもしれない」
「嫌われるかもしれない」
「馬鹿にされるかもしれない」

自分は○○で良いと思っても(自分視点)、
他の人がどう思うかわかりません(他人視点)。
従って、他人視点が優勢になると、意志・意欲・決断力が弱くなるのです。

なお、もっとも心が弱くなるのは、
他人視点とネガティブな思考が合わさったときです。

「笑われるかもしれない」→拍手かも?
「怒られるかもしれない」→褒められるかも?
「嫌われるかもしれない」→喜ばれるかも?
「馬鹿にされるかもしれない」→すごいね!って言われるかも?

結果の成否は、運やテクニックの問題です。
結果については、あまり気にしないようにしましょう!
さらに言えば、堂々としている方が、
いい結果に結びつく可能性が高いと思います。
心が強いに越したことはないですね。

自分視点のトレーニング

「私は〜だと思う」
「僕は〜だと思う」

1人称の主語を付けて物事を考えてください。
そして継続しましょう。
思考は少しずつ変わり、近いうちに、きっと効果が出ます。

「強い心」に対する誤解

■自分勝手
心が強くなると、自分勝手になるんじゃない?と疑問がわきます。
しかし、「誰かのために行動すること」と「自分視点」は共存します。
それに、自分視点を優勢に考えるだけなので、他人視点を無視するわけではありません。

■言いたい放題、やりたい放題
心が強くなると、無神経な言動が多くなるのでは?と疑問がわきます。
たしかに、「不安だから言えない」、「怖いから行動できない」という萎縮は減るでしょう。
しかし、友好な関係を築きたいと思っていれば、
人に対して無神経な言動はしないものです。

それに、社会では「言えるけど言わない」ケースが多くあります。
なぜなら、人とぶつかっても良い事はないからです。
賢い人ほど敵を作りません。

今、この瞬間に集中する

自分視点の他に大事なことがあります。
それは集中力です。
結果ではなく、今、この瞬間に集中する習慣を持ちましょう。

きちんと準備して、プレイに集中すれば、結果は自然に付いてきます(byイチロー)

「早く結果をだしたい」
「上手く行かないんじゃないか?」
「どうせやっても無駄だ」

こういう思考は捨てましょう。
今、やっていることに集中すれば良いんです。
あれこれと、結果について考えてしまうような雑念の処理は、サマタ瞑想が役立ちます。
行動そのものに集中するトレーニングは、ヴィパッサナー瞑想が効果的です。

【参考文献】逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密―タフな心をつくるメンタル・トレーニング